レディ

敬老の日はもうすぐ!人気のプレゼントは早めに確保しよう

通販を利用するのが便利

夫婦

日本ではおめでたいことがあると、お祝いを贈るという習慣があります。お祝いは現金である場合もありますし、品物である場合もあります。結婚のお祝いも同様に、現金か品物として贈られることがほとんどです。結婚式に参列する方であればご祝儀をお祝いとして渡し、それに対するお返しは引き出物ということになります。しかし、結婚式に参列しない方からお祝いをもらった場合には、個別に結婚内祝いを贈る必要があるのです。結婚内祝いは結婚式を終えてから1ヶ月以内に贈ることが一般的で、結婚式前にお祝いをもらった場合には、ひとまず電話や手紙で感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。ただし、結婚内祝いに関するマナーは地域によって少し異なることがありますので、両親に相談してからの方が安心です。贈る品物はもらったお祝いの3分の1から2分の1程度の金額のものとし、相手に好まれるものをよく考えて選ぶようにしましょう。両親がよく知る方なのであれば、両親に好みを聞いておくのもよいです。また、お祝いをもらった方と自分の住まいが別の地域である場合には、自分の住んでいる地域の特産品などを贈るのもおすすめです。結婚内祝いの準備にあまり時間が掛けられないという方は、通販サイトを利用して準備するのがおすすめです。結婚内祝い向けの品物をメインで取り扱っているところもありますので、そのようなところを利用すると、種類が豊富で選びやすいでしょう。さらに、のしがけや一筆箋を添えることが可能な場合が多く便利です。